例会・大会案内


近代語研究会では、年10回の研究発表会を行っています。
春と秋は日本語学会に連動して大会を開催しています。

2022年度、ならびに、2023年度初回の例会・大会の予定は、
2022年05月21日現在、以下のとおりです。9月例会まで、およ
び、秋季発表大会までは、Zoomミーティングで行なわれます。

2022年度例会・研究発表大会の開催情報、および、発表者募集情報を
お伝えします。なお、開催日、会場等は予定ですので、変更の可能性
があること、ご了承ください。変更の場合はMLにてご連絡いたします。

-----------------------------------------------------------------------
【2022年度例会・発表大会開催情報・発表者募集情報(20220401)】

開催日                会場        発表者募集情報
4月16日(土) 第391回 15:00-18:00 Zoomミーティング  発表者決定済
5月21日(土 )第392回 13:00-18:15 Zoomミーティング  2022年度春季発表大会                         
                               発表者決定済

6月25日(土) 第393回 15:00-18:00  Zoomミーティング 発表者決定済
7月23日(土) 第394回 15:00-18:00  Zoomミーティング 発表者募集中
9月24日(土) 第395回 15:00-18:00  Zoomミーティング 発表者募集中
10月 未定  第396回 未定      Zoomミーティング  2022年度秋季発表大会
                                    ※発表者募集は別途行います
11月19日(土) 第397回 15:00-18:00  未定        発表者募集中
12月10日(土) 第398回 15:00-18:00  未定        (青葉ことばの会と共催)
                               発表者募集中
2月25日(土) 第399回 15:00-18:00  未定        発表者募集中
3月25日(土) 第400回 15:00-18:00  未定        (記念イベント検討中
                               発表者募集中
《2023年度》
4月22日(土) 第401回 15:00-18:00  未定        発表者募集中

------------------------------------------------------------------------

現在、6月例会(第393回)以降の発表者を募集しております。ふるってご応募くだ
さい。ご発表ご希望の方は、下記申し込みフォームをご利用の上、

日本近代語研究会問い合わせメールアドレス
kindaigokengmail.com

までご連絡ください。

-----------------申し込みフォーム(切り取り線)-----------------
(1)ご氏名(よみがな):
(2)ご所属:
(3)題目(仮でもかまいません):
(4)連絡先メールアドレス:
(5)概要(100〜200字程度):

-----------------------------------------------------------------

※ 申し込みフォームで提出していただく概要は、運営委員会の
 判断材料となると同時に、研究会の開催予定を配信する際に
 MLで公開され、また、本研究会ホームページ等にも掲載され
 る場合がありますことを、予めご諒承ください。

以下は、以前もMLにて公表した例会開催要領です。
対面での会場開催を前提としたものですので、ご注意ください。

===【日本近代語研究会 例会開催要領】=====================

発表内容:広義の日本近代語(室町時代以降現代にいたるまで)
      に関するものであれば、分野等は自由。

時間帯:通常、土曜日の15時~18時。

人 数:通常1人。場合によっては、上記時間帯を2人で分けあっ
     て発表することもあります。

発表時間:1人発表の場合おおむね40分~60分程度。2人発表の
      場合、30~50分程度。

質疑応答:上記時間帯から、発表時間、休憩、自己紹介等の時間
      を除いた時間(1人の発表で、おおむね90~120分
      程度。2人の場合は、30~50分程度)。

      日本近代語研究会の例会は、完成しきった内容を発表
      するというよりは、完成途上の内容を報告してもらっ
      て、十分な質疑の時間をかけて深めていくことを目的
      としています。

発表資料:サイズ、枚数、印刷の仕方(片面、両面)などは自由。
      20~25部印刷し、発表当日にご持参ください。

その他:会場によっては、プロジェクター等を使用して、パワー
     ポイント等のスライド資料が使用できる場合もあります。
     ご希望の方はご相談ください。
                            以上