日本近代語研究会2018秋季大会

第357回日本近代語研究会(2018年度秋季発表大会)を、下記の
通りに行ないますので、ご参加頂きたく、ご案内申し上げます。


日 時:2018年10月12日(金) 13時〜18時

場 所:岐阜大学サテライトキャンパス 多目的講義室(大)
〒500-8844 岐阜市吉野町6丁目31番地
岐阜スカイウイング37 東棟4階
TEL: 058-212-0390
https://www1.gifu-u.ac.jp/~gifu_sc/src/index.html

発 表:
○受付開始 12:30
○開 会 13:00
○会場校挨拶13:00 岐阜大学 佐藤貴裕教授

(1)13:05〜13:55
法律用語「善意」について ―一般的用法との関わりから―
国立国語研究所プロジェクト非常勤研究員 南雲 千香子氏

(2)13:55〜14:45
近代における和語の用字法の変化 ―タオレルを中心に―
明治大学大学院生・日本学術振興会DC 橋 雄太氏

<以上、司会 花園大学 橋本 行洋>

<休憩 14:45〜15:00>

(3)15:00〜15:50
ドミニコ会文献における翻訳方針について
国立国語研究所プロジェクト非常勤研究員 岩澤 克氏

(4)15:50〜16:40
感謝・謝罪を表す「どうも」の成立 弘前大学 川瀬 卓氏

<休憩 16:40〜16:55>

<講演>
(5)16:55〜17:55
“うむの下濁る”の終焉 九州大学教授 高山倫明氏

<以上、司会 国立国語研究所 新野 直哉>

○閉会の辞、及び諸連絡

[要旨]
(1)
法律用語の「善意」は、「ある事実について知らないこと」と
いう意味を持つ。この「善意」がどのような過程を経て日本の法
律用語として定着したかを追うとともに、広く一般に使用されて
いる意味での「善意」との関係性についても考えていきたい。

(2)
本発表ではタオレルという語を例に、近代における主要表記交
代現象の要因を分析した。主要表記であった「斃」の減勢には、
[無力化]の意の弱まりと、使用語/意味の狭さに要因があり、主要
表記の交代の背景には、多義構成の変容と、文字の持つ用法の影
響があることがわかった。

(3)
ドミニコ会文献はイエズス会文献と異なり、文献毎の性質の違
いが大きい。それは翻訳においても言え、著者・編者毎にその姿
勢が異なる。ドミニコ会文献における翻訳姿勢について、ドミニ
コ会文献内における差異、イエズス会文献との差異に着目して考
察を行う。

(4)
現代日本語の「どうも」の意味用法の一つとして感謝・謝罪を
表す用法がある。本発表では、近世後期以降、感謝・謝罪を表す
「どうも」がどのように成立したのか、それが感謝・謝罪表現の
歴史の中でどう位置づけられるかを考察する。


※参加費として、500円を申し受けます。

※発表大会終了後に、18時30分〜20時30分の予定で、懇親会を行
ないます。会場は「くらうど」(JR岐阜駅横アクティブG 2F
JR岐阜駅すぐ 050-5841-3948)です。
会費は、一般5000円、学生4000円です。

※11月例会は、17日(土)に二松学舎大学にて行われる予定です。